最も効果的な発毛成分、ミノキシジルについて知る

イケメン男性

発毛剤のタイミング

AGAで悩んでいる男性は、今、1000万人を越えていると言われている。日本の人口がだいたい1億人だから、約10分の1。
この1000万人のすべてを、ミノキシジルなどの有効成分を含んだ発毛剤は救うことが出来るのだろうか?

実は、上の疑問に対しての答えは、「はっきりとは言えない」ということである。場合によっては、ミノキシジルの投入が遅かったということもあり得る。
ミノキシジルを投入すべき、有効なタイミングを誤らないようにする必要があるのだ。
その基準となるのは、髪の後退具合。額からはげ上がるタイプのAGAの場合には、生え際がかなり後退している場合には、ミノキシジルを塗ったり飲んだりしても、早い話が「手遅れ」である。
もちろん、頭皮の血行を良くして、今ある髪をしっかりと留める効果はある。AGAが進行するのを食い止めることが出来ないわけではない。
しかし、後退してしまった生え際を再び前進させるのは、そこまでいってしまうと少し難しい。ミノキシジルだけでは、ちょっと心もとない。別の方法を考える必要がある。

理想的なのは、ミノキシジルを使いつつクリニックへ行き、髪の後退を食い止めながら前進に向けての準備を進めること。そして、準備が整ったら前進を始めることだ。
AGA専門クリニックの発毛治療を受ければ、前進のための進軍ラッパを鳴らすことが出来る。
頭皮に薬を注射する「発毛メソセラピー」とか、髪を植え替えて髪型を整える「植毛」といった治療が一般的である。