最も効果的な発毛成分、ミノキシジルについて知る

イケメン男性

フィナステリド

ここに、ひとつの薬の名前を紹介しよう。フィナステリドというのがそれだ。この薬は、ミノキシジルとともに、AGAと闘う男たちの「希望」の名前であると言える。
フィナステリドもまた、AGAに効く有効な成分として知られていて、ミノキシジルが発見されてから約30年後の1990年代、アメリカで作られた。
最初は前立腺肥大症を治療するための薬として発売され、後にAGAへの有効性が分かって脱毛症の治療薬となった。その経歴も、血管拡張剤として世に出て、今は発毛剤として男性たちに親しまれているミノキシジルと似ている。

このふたつの薬は似ているだけではない。同じ人の頭皮に、連携プレーによって「二つでひとつ」の効果を発揮する。
二つの薬を、併用するという治療方法が存在するのだ。
「二つでひとつ」というのは我ながら言い得て妙である。なぜなら、ミノキシジルとフィナステリドが手を組んで作用すると、互いの足りない部分を埋めながら能力を高め、若々しいフサフサの髪の毛を生み出すことが出来るからだ。
フィナステリドは、発毛効果は実はそんなに強くないけれど、育毛効果には高いものがある。特に、いったん生えた毛が育成途中に抜けてしまうようなことがないように、しっかりと頭皮にとどめておくという効果にかけては、抜群なのである。
効果的にAGAを治療したいのであれば、ぜひ、二つの薬の併用を考えよう。もちろん、専門クリニックでもオススメをしてくれるだろう。

専門クリニックでは、こういった異なる薬のコラボレーションも、専門知識をもとに安全な中で治療に取り入れている。
さまざまな成分を混ぜ合わせた、「オリジナルカクテル」を作り出す専門クリニックもあるという。