最も効果的な発毛成分、ミノキシジルについて知る

発毛を考える男たちへ

中学生か高校生の頃、あくびを噛みころしながら受けた古典の授業で、『平家物語』の冒頭を暗唱させられた経験を持つ人は多いだろう。
どこかで鳴った鐘の音がどうのこうのといった内容だった。物語のプロローグだというのに、どこか哀しい響きがあったことも思いだす。
もっと思いだしてみよう……そう、世の中は「諸行無常」で、「盛者必衰」という原則があるという話。「たけき者」も、ついには滅びてしまう運命にあるという内容だった。
つまり、今は栄えているように思えているものでも、最終的にはいつか、消えてなくなってしまうというわけだ。

なぜこんな話から始めたのかというと、この話にはちょっとした真実があるからだ。つまり、物は皆、有限であるということ。しっかりと根を張った黒々とした太い髪も、永遠にそこにあるわけではないということだ。
特に、AGA(男性型脱毛症)が猛威をふるっている今の世の中においては、今日のフサフサヘアが明日まで残っているとは限らないのである。
私たちは、そのことを肝に銘じなければならない。そして、髪を失うかもしれないという徴候が現れたら、発毛について考えなければならないのだ。
若いからといって油断してはならない。「ハゲになるのを心配するまでには、まだ何十年も時間があるよ」などと言って、笑ってすませていてはいけない。
確かに、いわゆる「ハゲ」と言われる頭部を男性が持つようになるまでには、中年から壮年、老年へと年齢を重ねていく長い時間がかかるというのが、これまでの認識だった。
年を取れば体力は落ち、髪は抜け、老眼になる。そういうふうに、私たちは衰えの時を迎えるのだと、これまでは思っていられた。しかし、今はそうは思えない。現代的なAGAは、20代、30代という若い頃から心配しなければならないものになっているからだ。
年齢などお構いなしに、それは突然、私たちの髪の毛をスカスカにしてしまうのである。

もちろん、これをどうすべきか考えることは出来る。実際に、対処することすら出来る。発毛のための発毛剤は、今、ドラッグストアに行けばたくさん見つけることが出来る。
ひとつの棚に、いくつもの製品が並んでいるのを見ることもあるだろう。
とはいえ、だからと言ってそこで考えるのをやめてしまい、とにかく手近にあったやつを手にとってレジに行く……というのは間違いである。数ある発毛剤の中から、「本物」を選ぶ必要があるからだ。
例えば、商品説明の中で有効成分として「ミノキシジル」の名を記している発毛剤は、確かな「本物」のひとつなのだ。

男たちよ、本物を選べ。そして、いきなりやって来る毛髪の「衰え」に対処しよう。

発毛剤を手に入れろ

しっかりした髪を生やし、育てる効果を持つミノキシジル。この成分は医療先進国アメリカで認められ、日本でも非常に優れた発毛成分として人気を不動のものにしている。
特に、日本では日本皮膚科学会という、名前からして信頼性のおける組織からのお墨付きである。塗り薬、飲み薬が存在している。
塗って生やすか、飲んで生やすか。どちらの方法を選ぶかはあなた次第だが、オススメなのは最初に発毛専門クリニックの門戸を叩いてみることだ。
専門クリニックだからこその、深い知識と高い技術力。それによって、一人ひとりの毛髪、頭皮の状態を詳細に診て、最も適した発毛の方法を提示してくれるからだ。
あなたに最も合った薬も、クリニック経由で手に入れることが出来るのである。

というわけで、ミノキシジルの発毛剤を入手するための方法、その一は「クリニックへ行く」ということになる。専門的な知識と技術を持ったドクターの力を借りることが出来るので、一番確実な方法だと言える。
ただ、それだけがミノキシジル系の発毛剤を入手するための方法ではないことは、覚えておこう。
例えば、クリニックへ行くほかにも、「通販サイトを利用する」という方法も取ることが出来る。
なぜドラッグストアではなく通販なのかというと、特に錠剤タイプの飲み薬は、日本ではドラッグストアで販売されていないのである。クリニックでは錠剤タイプを処方してもらうことが出来るけれど、店では購入することが出来ない。
だから、海外製のミノキシジルの薬を、通販で「お取り寄せ」する。インターネットを便利に使うことが出来る今だから、通販の利用も全然むずかしいことではない。
ネットショップで買い物をする感覚で、発毛剤は「ポチる」ことが出来るのだ。

ただし、最初から通販で薬を買って飲むよりは、最初は「方法その一」で手に入れたほうが良いというのが、ここで出来るアドバイスだ。
ドクターによる「レクチャー」を受け、AGAについて、そしてミノキシジルについての基本的な知識を知ることから始めるのが、一番いいのである。